心筋梗塞の予防方法

心筋梗塞の予防方法

心筋梗塞の予防方法に関する記事をまとめているカテゴリです。

心筋梗塞の診断基準

心筋梗塞の有無は、主に症状・心電図・血液検査で診断されます。詳しい診断基準を見ていきましょう。症状30分〜24時間続く強烈な胸の痛みと、胸を締め付けられるような感覚が、強い恐怖や不安感を伴って生じます。同時に、冷や汗、吐き気、嘔吐、呼吸困難といった症状が見られます。脳梗塞・糖尿病・高血圧・高齢者の方...

≫続きを読む

 

心筋梗塞のチェック方法

心筋梗塞は何が原因で起き、どのような症状を発症して自覚する事が出来るのでしょうか。心筋梗塞になり易い生活習慣・危険要因・症状のチェックを通して、今一度、生活習慣を見直してみましょう。〈心筋梗塞〉なり易さチェック□朝起きて直ぐのジョギングが好き→血管が詰まり易くなります。□忙しさや、ダイエット目的で朝...

≫続きを読む

 

心筋梗塞の血液検査

心筋梗塞の早期発見に心電図が用いられてきましたが、実はそれだけでは不十分な場合があるのです。そんな時に役立つのが「血液検査」。以下に詳しく見ていきましょう。心電図では不十分?心筋梗塞の鑑別には心電図が役に立ちますが、発症部位によっては異常を上手く察知できない場合があります。また、心電図の異常は長期に...

≫続きを読む

 

心筋梗塞の危険因子とは

心筋梗塞の原因である「動脈硬化」には、多くの要因が関係している事が解ってきました。以下の危険要因が多ければ多い程、動脈硬化になりやすいと言われています。早速チェックしてみましょう!高血圧血圧により、血管の内壁が傷つき、コレステロールや脂質が蓄積しやすい環境を招いてしまいます。高脂血症コレステロール・...

≫続きを読む

 

心筋梗塞の蘇生法

心筋梗塞により、心筋が壊死を起こすと心不全に陥り、最終的には心臓が停止してしまいます(心臓発作)。心臓停止してしまった場合、正しい蘇生方法の実行で助かる確率がぐっと上昇します。今回は心筋梗塞時の蘇生手順についてご紹介します。意識の確認と救急車・AEDの手配倒れている人を見つけたら、「分かりますか?大...

≫続きを読む

 

ツボで心筋梗塞 を予防!

自宅でテレビを見ながら、通勤時間を使って等々、隙間時間を使った「ツボ」への指圧で心筋梗塞を予防してみましょう!今回はどこでも出来る、かつ覚えやすい、心筋梗塞に効く「ツボ」についてご紹介します。手と腕のツボ大陵手首の内側のツボです。手を手前に軽く曲げて下さい。すると手と腕の境目に1本、その下に一般の横...

≫続きを読む

 

心筋梗塞 を体操で予防!

心筋梗塞を毎日のちょっとした体操で、予防して行く事ができます。テレビで放送され大反響を呼んだ、血管若返り体操と言われる「ゾンビ体操」についてご紹介します。何故血管の若返りが必要なのか「人は血管から老いる」と言われる程、血管状態が肉体年齢に反映してきます。血管が老化すると、厚く硬くなり、しなやかさが失...

≫続きを読む

 

運動で予防!心筋梗塞

心筋梗塞は運動を習慣化することで予防する事ができます。今回は、運動が予防に役立つ理由と、気軽に出来るお勧め運動法をご紹介します。運動が予防に役立つ理由1→肥満対策心筋梗塞と肥満は大きく関係しています。肥満状態を続けていると、血圧、血糖値の上昇、血中コレステロールの増加など、心筋梗塞を引き起こす要因を...

≫続きを読む

 

心筋梗塞を早期発見するには

心筋梗塞は早期に発見できれば数日間の入院で、心筋の壊死という最悪の状況を回避する事が可能です。以下のような症状が現れたら要注意。早期発見のポイントをご紹介します。不整脈健康な方でもちょっとしたストレスで不整脈が生じる場合がありますが、この場合は誰にでも起こりうる不整脈です。要注意の不整脈は、目の前が...

≫続きを読む

 

他人事ではない!運転中の心筋梗塞

運転中に急病を発症する可能性は、誰にでもあります。心臓は脳に次いで、急病を原因とする交通事故のトップ2にランクインしています。運転に備えて、体の調子を整え管理をしていく事が大切です。今回は、運転中の心筋梗塞をどのように予防していくか、その方法についてご紹介します。運転中のストレスが「心筋梗塞」の引き...

≫続きを読む

 

心筋梗塞の人の入浴の注意点とは

体の温まる入浴時間は、仕事や家事の疲れを癒す安らぎの時間ですよね。しかし、冬場は夏場の約7倍もお風呂場での突然死が増加すると言われています。間違った入浴の方法が原因かも知れません!今回は特に心筋梗塞・高血圧でお悩みの方必見。入浴の注意点についてご紹介します。対策は脱衣所から入浴で一番危険なのは、脱衣...

≫続きを読む

 

心筋梗塞になりやすい年齢層とは?

85年以降、脳梗塞を抜いて日本人の死因の第2位となっている心筋梗塞。中年層に発症の多いイメージですが、実際はどうなのでしょうか?年齢とともに増加する発症率厚生労働省の平成11年度の調査資料によると、心筋梗塞の発症は30代〜年齢とともに増加し、男性では60代で、寿命の長い傾向にある女性は70代でピーク...

≫続きを読む

 

心筋梗塞と脳梗塞の違いとは?

梗塞とは、血管内部がつまり、そこから先への血液供給がストップしてしまう状態です。脳梗塞・心筋梗塞共に、血管内部の詰まりで発症するのです。心筋梗塞心臓を動かす心筋に原動力となる血液を供給する「冠動脈」が詰まって、心筋が虚血状態になり心筋の壊死が生じる症状です。多くの場合、冠動脈の内膜に蓄積したコレステ...

≫続きを読む

 

心筋梗塞を放置すると?

心筋梗塞のレベルは、直ぐに対処しないと死に直結する重度の場合、中度、そして、外来等で治療をしていく必要のある軽度の心筋梗塞に分けられます。そのレベルに関わらず、放置をせずにしっかりと治療する事が大切です。心筋梗塞の放置の招く結末をご紹介します。軽度の心筋梗塞胸の激痛を伴う、重症の心筋梗塞に襲われた場...

≫続きを読む

 

登山で心筋梗塞を発症?

3大山岳死因は「外傷」「心臓突然死」「寒冷傷害」とされていて、心臓突然死のほぼ全例が心筋梗塞と言われています。登山がどのような影響を体に及ぼしているのでしょうか。山で心筋梗塞を起こす人の特徴34才以上の男性が9割を占め、心筋梗塞や狭心症、糖尿病、高血圧、コレステロール異常等の持病を持っている方が発症...

≫続きを読む

 

マラソン中の心筋梗塞の原因

1992年〜2011年8月までの間に開催された国内のマラソン大会で、127名のランナーに心臓停止が発生。多くの死因が心筋梗塞と言われおり、マラソンのレースにより命を落とす例が増えてきています。今回はマラソンと心筋梗塞の関係をご紹介します。マラソン中に心筋梗塞を起こす理由心筋梗塞は心臓を動かす心筋への...

≫続きを読む

 

心筋梗塞 になりやすい人とは

一度チェックしてみてください。心筋梗塞になりやすいと言われるタイプを、様々な角度から見ていきましょう。性格イライラする事が多い時間に厳しくせっかち他人から指図される事が嫌負けず嫌いついつい何でも自分でしてしまうライバルが常にいる自分の意見や意思をアピールしたい仕事を自宅に持ち込みがち以上のような性格...

≫続きを読む

 

心筋梗塞に発展する「狭心症」、心電図 に異常なし?その理由とは

心筋梗塞に発展する「狭心症」、心電図 に異常なし?その理由とは狭心症は放置していると心筋梗塞に繋がり、早期の発見と治療が必要な病気です。しかしながら、狭心症の場合心電図検査ではなかなか発見しにくいと言われています。その理由と、狭心症の発見方法についてご紹介します。狭心症の発見が遅れ、心筋梗塞に。。4...

≫続きを読む