心筋梗塞の治療方法や予後生活の心がけ

心筋梗塞の治療方法や予後生活の心がけ

心筋梗塞の治療方法や予後の生活の注意点などに関する記事をまとめているカテゴリです。

〈心筋梗塞〉予後生活の心掛けとは?

心筋梗塞の再発を防ぐためにも、予後の生活習慣がとても大切です。今回は、再発を防ぐためのポイントをご紹介します。生活上の注意点高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙、アルコール習慣など、引き続きしっかりコントロールしていきましょう。退院後にお薬を処方されますが、再発予防・心筋保護等を目的として処方されているの...

≫続きを読む

 

〈心筋梗塞〉退院後の運動制限と注意

心筋梗塞の再発リスクを抑える為にも、適度な運動を続ける事が大切と言われています。今回は、術後の運動制限や運動方法についてご紹介します。入院中〜退院後初期手術が終わると、弱った心臓ポンプ機能の回復の為に、入院初期より運動療法が開始されます。心電図モニターを装着して心肺運動負荷試験が行われ、個人の心臓状...

≫続きを読む

 

心筋梗塞で塩分制限がなぜ必要?

心筋梗塞の前兆がある方、又は心筋梗塞術後の方は、特に塩分制限を指導されます。その理由は何なのでしょうか?塩分がもたらす体の症状「高血圧」塩分を過剰に摂取すると、ナトリウム濃度を下げようとして、浸透圧の原理で体の中の水分が血管に入り込み、血液量が増加します。しょっぱいものを食べた時に喉が渇くのは、水分...

≫続きを読む

 

心筋梗塞で水分制限が必要な理由とは

心筋梗塞を発症・治療中の患者の方は、医師より「塩分と水分の補給に気を付けましょう」と言われているのではないでしょうか?今回は、心筋梗塞で水分制限が必要とされる理由をご紹介します。心筋梗塞と心臓機能の低下心筋梗塞とは、冠動脈の動脈硬化により心臓を動かす心筋への血液供給がストップし、一部心筋の壊死が認め...

≫続きを読む

 

心筋梗塞の後遺症をリハビリで克服!

心筋梗塞を発症し治療を受けた場合、心臓は多くのダメージを受けています。その為、機能が著しく低下した心臓機能と運動機能を回復させるために「心臓リハビリ」が行われます。心臓リハビリは以下の3つの段階を経て行われます。急性期(入院中)身の回りの日常行動を安全に行えるようにする訓練。再発・症状の悪化防止のた...

≫続きを読む

 

心筋梗塞の治療方法とは

心筋梗塞になると、どのような治療がなされるのでしょうか。搬送された患者さんの例から、その治療法を見ていきましょう。その1→血栓溶解薬による再灌流療法心筋梗塞で壊死してしまった心筋には、再生能力がありません。血管内の詰まった箇所を開通して心筋に血液を送り、壊死をいかに早く食い止めるかがとても大切なので...

≫続きを読む

 

総額でいくら?心筋梗塞の治療費

心筋梗塞の治療には高度な技術や検査が必要とされ、治療費が高額となります。しかし国民皆保険制度や、一定限度を超えた場合の医療費の払い戻し制度「高額療養費制度」の利用で、治療費を抑える事が出来るのです。心筋梗塞の平均治療費平均入院日数は16日。平均総額は2,152,533円、一日当たり129,288円の...

≫続きを読む

 

心筋梗塞の手術でペースメーカーが使用される場合とは

心筋梗塞の手術 でペースメーカーが使用される場合とは?心筋梗塞の手術では、冠動脈の閉塞部の解除の後に心臓の動きに異常が見られた場合、ペースメーカーが使用される事があります。どのような場合に使用されるのか、以下で確認しましょう。心筋梗塞による不整脈の出現心臓は電気信号によって、収縮を繰り返しています。...

≫続きを読む

 

心筋梗塞リハビリ注意点

心筋梗塞のリハビリでは、どのような点を注意して行えばよいのでしょうか。以下にご紹介します。安全第一!効果的な健康維持の為に、運動処方をきっちりと守る心筋梗塞で受けた心臓のダメージ具合により、適切な運動量や方法が異なります。運動の種類、強さ、時間、頻度が心臓リハビリの一環で指示されるので、しっかりと守...

≫続きを読む

 

心筋梗塞、何科に行くべき?

胸のむかつきや歯の痛みなど、心筋梗塞かも知れない症状に見舞われた場合、どこを受診すれば良いのでしょうか。以下にご紹介します。循環器内科心臓と血管のスペシャリストである「循環器内科」は、胸の痛みを訴える患者さんを日常的により多く診療しています。胸痛等で心筋梗塞の疑いが強い場合は、循環器内科のある病院を...

≫続きを読む

 

〈心筋梗塞〉お見舞い品のお勧めベスト3!

お見舞いと言うとお花が思いつきますが、香りは好みが分かれて、実は迷惑になる事もあります。心筋梗塞のお見舞いお勧めの品をご紹介します。暇つぶしの御伴心筋梗塞の平均入院期間は21日と言われています。インターネットを使えない事も多く、とても退屈に感じる方も多いようです。そんな時に貰ってうれしいのが、雑誌、...

≫続きを読む

 

治るのか心筋梗塞

「カテーテルをして治してもらった」という話を聞く事がありますよね。「治る」病気なのだと早合点してしまっては危険です!心筋梗塞になった場合、根本的に「治る」という事はないと言われています。心筋の壊死は治らない?心筋梗塞は、心臓を動かす心筋という筋肉に血液を供給する「冠動脈」が閉塞している状態です。心筋...

≫続きを読む

 

心筋梗塞 の入院日数はどの位?

心筋梗塞の治療には、入院する必要があります。治療内容や、症状の状態により日数は変化します。以下に見ていきましょう。急性期でない心筋梗塞の場合(カテーテル治療)この場合3〜4日が平均です。バイパス手術は術後の発症率が一番低い方法ではありますが、患者さんの体に大きな負担を与えてしまいます。現在も進化を続...

≫続きを読む

 

心筋梗塞の手術成功率は?

心筋梗塞の治療には主に3つの方法があります。以下にその方法と成功率を詳しく見ていきましょう。カテーテル治療とは?カテーテルと呼ばれる直径1.5o〜2oの細い管を動脈から挿入し、冠動脈内まで先端にバルーンがついたカテーテルを通して、閉塞部分で圧力をかけてバルーンを膨らませて閉塞を解除。血行を改善させる...

≫続きを読む

 

心筋梗塞で労災認定は可能

労災認定の難しい点は、労災の立証の難しさにあると言われています。心筋梗塞等の疾病が仕事を原因として発生したかどうかは「認定基準」を元に判断されます。以下にその基準を確認しましょう。異常な出来事の有無(発症24時間以内の)異常な出来事とは、極度の緊張状態など、精神的負担を引き起こす予測困難な非常事態。...

≫続きを読む

 

心筋梗塞の後に復職は可能?

心筋梗塞は重症である程に入院期間も伸びる傾向にあります。また後遺症も気になりますよね。復職率はどのようになっているのでしょうか。以下にご紹介します。復職率は上昇中心筋梗塞後の復職率は年々高くなっているようです。これには進んだ医療と、最近になって取り入れられた心臓リハビリが関係しているようです。復職率...

≫続きを読む